読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに

愛なんて生易しいもんじゃないのよ

愛しの彼に沈む

 

9月12日に、それはきっかけもなく、突然やってきた。
日課のeveryを見終えて、録画チェックを始めようとした時の事だった。
「はぁ……小山さん好き……超愛してる……はぁ……s……」
ハッとした。私は今なんて言おうとしたんだ。「し」のsの字まで口から出ていた。え?しんどい???
部屋で報道番組を見て突然自担に愛を囁き始める事の異常性はこの際無視していただきたい。

 

 

今まではツイッターで自担が好きすぎてしんどい、と言っている人を見ても、「わかるぅ〜〜!!」とはならなかった。 しかしこの時はっきり自覚した。なるほど、これが世に言う「自担が好きすぎてしんどい現象」か。
とうとう自分にもやってきた。小山さんが好きすぎてしんどい。
「しんどい」と言ったらどちらかといえば負の感情のイメージだ。白か黒かでしか物事を判断できない私は、「自担が好きすぎてしんどい」というのは「自担が好きすぎるあまり自担に降りかかる全てのマイナス事象を想像してしまいしんどい」を総括して「自担が好きすぎてしんどい」なのかと考えていた。考えていた、というかそうに違いない、と思い込んでいた。自担の幸せを願うあまり些細なことまで悲観的に捉えてしまう、というならかなり身に覚えがある。なんとなくそんな感覚なのかな、と思っていた。
でも全然違った。「しんどい」ってこんなに奥が深い言葉だったっけ?と驚くばかりだが、小山さんを取り巻く環境関係なしにただ小山さんその人を見ているだけでしんどい。

 

 

「小山さんが好きすぎてしんどい」を自覚してから何が1番変わったかというと、もう本当に小山さんの一挙一動がカッコよく見える事だ。誤解を招くような言い方をしてしまったが、小山さんは元からカッコいい。そんなこと私だって知っている。
私のツイッターを見て下さっている方はうんざりするほどにご存知だろうが、私が小山さんを褒める時の言葉はほぼほぼ「可愛い」だ。もう一度言うが決して小山さんがカッコよくないというわけではなくて、カッコいいより先に可愛いがきてしまうほどに超可愛いということだ。(ここでNEWS担から知っとるわ!っというツッコミが入る)

冷静になって見返すと我ながらちょっとヤベェ奴だな、と思うが常にこんな感じだった。こりゃヤベェや。髪を切っても可愛い、何かを食べても可愛い、喋っても可愛い。お前は女子高生か!ってくらいに可愛いしか言わなかったのに。

小山担になってはや四年、ここにきて小山さんがやたらカッコよく見える。「可愛い」より先に「カッコいい」がくる。無理だ、何が無理なのかよくわからないが小山さんがカッコよすぎてとにかく無理だ。

今、1日経った9月13日のevery.の録画を見ながらこの記事を書いている。しかし、小山さんが画面に映るたびに見惚れてしまうので全く筆が進まず、もう5時台に突入してしまった。一昨日までは、スーツが可愛いだの今日も愛してるだの、呆れるほどすぐツイッターに書き込んでいたのに。どうしよう、小山さんが好きすぎてしんどい。小山さんの事を考えると脳が蕩けてしまうのは今まで通りなのに、今までのように感情を喚き散らす事すら出来ない。I.Qが下がるどころの騒ぎではない、文章どころか単語を考えること出来なくなる。めっちゃしんどい。トキメキ、きらめき、私の目に映る小山さんを私の大好きな言葉達で表現することは出来る。でも私の感情を表す言葉はただ1つ、「しんどい」だけだ。

 

12日、寝る前にふと思い立って、声に出して「慶ちゃん」と言ってみた。3秒ほどフリーズしてベッドに倒れた。トキメキで死ぬかと思った。
ちくしょう、羨ましい。小山さんのことを命をかけずに「慶ちゃん」と呼べる同担達が羨ましい。もう完全に自意識や考え方の問題なのだが気軽に「慶ちゃん」なんて呼べない。そんなに呼ぼうものなら毎回毎回うっかりトキメキで死ぬことになる。自分の貧弱なメンタルと自意識のが憎い。私だって「慶ちゃん」って呼びたい。呼べばいいじゃんバカじゃないのコイツとか思われるかもしれない、確かに私はバカだ、私自身だってそう思う。でもこっちだって死活問題だ。いくらNEWS担には一度死んでまた生き返る魔法があるとはいえ、そう毎日毎日死んでもいられない。ちょっと「慶ちゃん」って字面見てるだけでクラクラしてきた。

 

愛おしい、可愛い、素敵、愛してる、それらの感情は1つも失われていないはずなのに、それを覆い尽くすほどの「カッコいい」の感情。悔しい、自分が足りない。もっと大事に大事に、煮詰めて煮詰めていろんな感情で、いろんな言葉で小山さんの事を愛したいのに。全部持って行ってしまった小山さんのカッコよさが憎い。カッコよすぎてめちゃくちゃしんどい。


小山さんが好きすぎてしんどい=辛いか?と言われたらそれは全く違う。何も辛くないし悲しくない、寧ろ幸福感とトキメキに満ちている。でもこの感情を「しんどい」と呼ぶ以外に名前をつけることができない。小山さんが好きすぎてしんどい。暇さえあれば小山さんのことを考えてしまう。そんなこんなで私は今日も小山さんに溺れている。

 

エブリデイeveryしてたらレコーダーがキレた。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれが 先週分の「気になる!」を編集しようと思ったら いつのまにか消えてていた」な… 何を言っているのか わからねーと思うが、おれも 何がおこったのか わからなかった…頭がどうにかなりそうだった… 故障だとか操作ミスだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

 

はい。

4月分から録りためていた気になるとサキガケ全部消えました。ちょっとまだ自分でも気持ちに整理がつかないのでとりあえずブログに書いておいて後で思いっきり自分バカだな!?って笑おうと思います。現状ワタクシお通夜状態です。はい。

 

原因は十中八九おまかせ録画モードの自動消去機能によるものだろう。確かに容量が少なくなったら自動消去しますって書いてあったけど。DRで18時間残ってたじゃん。3倍速だったら24時間テレビもう一回とれるじゃん。なにも全部一度に消去することないじゃん。もうちょっとこう、一個ずつ消してくとか、警告出すとか。あーーーやりきれねぇーーー!!!

分かっている。DR150時間の容量を18時間まで減らした私が悪い。24時間テレビの事前番組を全然編集しなかった私が悪い。説明書をちゃんと読まなかった私が悪い。ディスクをケチって半年分くらい一枚に収めようとした私が悪い。

 

っていうか150時間を18時間まで減らした24時間テレビ怖すぎじゃない!?

いや、変ラボとかNEWSな2人とかあったけど。エブリデイeveryもしてたけど、小山さんのコーナー以外はすぐ消してたし。来年のパーソナリティのG担さんマジ頑張って!!!

 

はぁ。たかがビデオ。たかが報道番組内のコーナー。4月からレギュラー番組がたくさん増えて、地上波で小山さんを見ることのできる機会は格段に増えた。確かに気になる!のコーナーも、以前より再生する機会は減ったかもしれない。(それでも最低5回は見ていたと思うけど)でもやっぱり私の中で気になる!は特別だった。バラエティでは見ることのできない、報道の世界での小山さんの姿。生放送ほどの緊張感はないけれど、見たものをありのままに正しく伝えようとする小山さんの成長記とも言えるこのコーナー。小山さんをいろんなところに連れて行ってくれて、鍛えてくれた、日本テレビの愛を感じるこのコーナー。高校生の頃からずっと見続けきたこのコーナー。そういえば高校生の頃にも録れていなくて泣いたことがあったっけ。

 

さよなら、私のBBQ小山さん。車椅子小山さん。浴衣小山さん。和菓子小山さん。JAXA小山さん。いやマジで特に浴衣小山さん消えたのがショックすぎて明日頑張れる気がしない。頑張るしかないから頑張るけどね。

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

 

twitterでとても楽しそうなものを見つけてしまったので便乗させていただきます!楽しい企画をありがとうございます!! 

http://okometokaraage.hatenablog.jp/entry/2016/08/30/110623

 

 

【名前】

ゆきの

 

 

【今の担当は?(複数可)】
名前:NEWS小山慶一郎さん。
好きなところ:見た目中身声(要は全部)1つに絞るなら強かなところ。


担当になったきっかけ:元同グループの方からの担降り。元々好きではあったけれど、担当になったのは美恋初日にDREAMSを歌う姿を見てから。

 

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

叔母が入所時からシゲ担で、デビューの際にNEWS布教されたらシゲには落ちず人類の奇跡に落ちた……らしいけどずいぶん昔のことなので正直よく覚えてない。

 

 

【担当遍歴】

NEWS山下智久→NEWS小山慶一郎

 

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

コヤシゲは人生。

何年か前に伝言板でやってたキスマイの横尾さんを巻き込んだ愛憎劇(加藤さんが一方的に牽制かましただけ)の行方が気になっていたので少プレに送りつけようとしたら横尾さんは来ないらしい。無念。

あとあんなに仲良しなのに、絶対に揃える気のないシンメ選手権とかあったら確実に優勝候補にあげるくらいダンスを揃える気がないところも大好き。

 

 

【1番心に残ってる現場】

NEWS DOME PARTY 2010 LIVE! LIVE! LIVE!

 ときめきとか幸せが全部詰まった世界一幸せな空間でした!秋風が吹き始める、9月頭から11月あたりまでは毎年この日の事を思い出して胸を躍らせている。

 

 

【初めて行った現場】

NEWS DOME PARTY 2010 LIVE! LIVE! LIVE! 

 

 

【最近行った現場】

 NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

心に残ってる現場部門にするかかなり迷った……控えめに言ってマジ最高だった……

 

 

【次行く現場】

未定。多分エイトの札幌ドームかな?

 

 

【記憶に残ってるファンサ】

タカヒサマスダとのハイタッチ。思い出すと死にそうになるから極力思い出さないようにしてる。必死。小山さんは……まだ……

 

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

3.BEACH ANGEL 
「焼けた肌に触れた瞬間 胸の奥ドキドキした」って青臭過ぎませんか!?大好き!!真夏のNEWSワンチャンシリーズ元祖だと思ってる。

 

 2.バタフライ

幸福感と温かさに涙が出そうになる。「夢の中でも優しい人ね」って歌詞がロマンチックで大好き。

 

 

 1.SUMMER TIME
初めて聴いたとき「あ……好き……」ってなった、発売時からの不動の一位。あまりにもNEWS的な曲だと思ってる。
 

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

3.Masterpiece(関ジャニ∞)

突然の関ジャニなんですけど息を飲む格好良さだからちょっとみんな一回見てほしい。……え!?関ジャニヤバくない!?(語彙力)ってなった。

 

2.恋のABO

パリピ感凄くて可愛いーーーッ♡♡♡ってなるし何より一緒に踊ってて楽しい!

 

1.Dancin' in the Secret
なんか本能的に好き。加藤さんが振り付け覚えるのに8時間かかったのに錦戸くんが30分で覚えたというエピソード含め好き。

 

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

 愛のエレジー。小山さんと花魁道中したい。

 

 

【1番好きなペンライト】

NEWSの10thのときの四角いやつ。他担の友達の間でも可愛いと評判で嬉しい。

 

 

【1番好きな衣装】

美恋の青いお花の衣装。NEWSの美しさとともに力強さを見せつけられる。

 

 

【よく買う雑誌】

テレビ誌が好きなのでよく買ってる!でもananのグラビアが性癖すぎるから自担表紙でほしい!!ヘイカモン!!

 

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

今はとりあえずWhite買いに走って!!QUARTETTOでたらエレジーで一緒に死のう??

 

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

前はあんまり覚えてないけど並行でアニオタもやってる。

 

 

【最近気になっている子】

ジャニーズWESTの中間くん。お口が可愛い。あ…小山さんいえ違うんです不倫じゃないです市場調査です♡

 

 

【最後に一言!】

もう本当に小山さん好きすぎて人生超幸せで楽しいから小山さんは偉大!!

 

私は小山慶一郎を愛している。

 

小山慶一郎が好きだ。
何を今更、と思われるかもしれないが、今日の「好き」の感情を少しでも残しておきたいからこの記事を書くことにする。


私は小山さんの見せる表情、声、言葉、仕草のひとつひとつが愛おしくてたまらない。
生放送での真剣な顔。子供のような無邪気な笑顔。心霊ロケの時のちょっと不安げな顔。メンバーといるときの幸せに満ちた顔。キャスターとしての落ち着いた心地よい声。ファンにかける優しい声。好きな事を話すときの楽しげな声。
全部が私を作っている要素で、影響されないことなんて1つもない。

 

私は小山さんの味方でいたい。
いたい、というかきっとほぼ確実に、ずっと味方でいるのだろう。小山さんは、手越さんの事を支える最大の味方だと宣言した。私は小山さんに直接干渉することはできないし、「最大の」というような大きな力もないけれど、受け止めて、愛して、絶対的な味方でいることはできる。この宣言を小山さんに伝える手段すら私にはないのだけれど、今ここでこの宣言を残しておきたい。

 

私はどうしても小山さんに幸せになってもらいたい。

私にとっての幸せが小山さんの幸せと一致するなんてことはないし、小山さんの幸せがどんな形をしているのかは想像することしかできないけれど、どうしても小山さんだけは幸せになってもらいたい。
でも、あったかい美味しいものを食べてあったかいお風呂に入って、あったかいお布団で寝るのはやっぱり幸せだと思うから、小山さんがあったかい日々を過ごしてくれたらいいな、と思う。

 

私はぴよぴよの未熟者だから、色んなことが辛くなって、不安になって、小山さんを好きでいるあまり泣いてしまう日もあるが、それは全くもって愛以外の何でもないし、小山さんの事を好きな私は幸せだ。私ばっかり幸せでちょっと申し訳ないな。

 

私は小山慶一郎を愛している。きっと明日ももっと好きになるし、その次の日も、次の次の日も、もっともっと小山さんの事を好きになっていく。

5年越しにさよなら

今となってはありえない話だが、例えばNEWSが9人の世界、6人の世界、小山さんがKAT-TUNの世界、増田さんがKis-My-Ft2の世界があったとして、それぞれにそれぞれの幸せの形があったのかもしれない。と、ふと思い立った。
ここ最近、急に元メンバーの事を考えるようになったからかもしれない。特にこれといったきっかけはなかったのだが、きっと今書くべきタイミングなんだと思うのでまず錦戸くんについて少し考えていたことを吐き出したい。

 

私はNEWSの錦戸亮しか知らなかった。
だから、修学旅行先で友達と見たテレビの中に、初めて「関ジャニ∞錦戸亮」を見た。パパドルというドラマの中で、錦戸くんは関ジャニ∞錦戸亮の役をやっていた。そこでもうNEWS錦戸亮はいないんだと実感して、でも主題歌の「愛でした」がめちゃくちゃいい曲で、NEWSの活動がなかったこともあって幼かった私は「錦戸亮がNEWSにいた事が間違いだった」と言われたような気がして、悲しくなってドラマそっちのけで1人でわんわん泣いた。内容はまったく覚えていないが友達も一緒に泣いていた記憶があるのできっといい話だったのだろう。

で、冒頭の話に戻るのだが、例えば錦戸くんが2016年もNEWSでいる世界があったとして、その世界での錦戸くんは不完全なものなのだろうか?
いやどう考えてもねーわ。
お前はデビューから脱退までの間、NEWS錦戸亮の何を見てきたんだ!?今の錦戸くんはそれはそれはカッコいいし可愛い。でも私が見てきた錦戸くんだって負けず劣らず最高だった。寧ろダメなところあった??というくらい完璧で、間違いなく王子様だった。


錦戸くんがNEWSを脱退したのは運命だったのだろうか。「すれ違いゆく風の中で、僕らは何故出会えたんだろう。」確かに出会いは運命だったのだろう。でも、さまざまな想いもって別れを選択した彼の覚悟まで運命で片付ける事は私にはできない。錦戸くんが関ジャニ∞を選んだという事実は今も変わらないけれどそこにもう悲しさはない。だって彼がNEWSを愛して、大事にしてくれていたのを思い出したから。


ずるいよ。錦戸くんはずるい。頑張れって言うしかないじゃないか。悔しくて、悲しくて、寂しくて、何回も泣いて、時には憎いと思う日もあったけれど、ちっとも嫌いになんてなれなかった。優しくて、真面目で、ちょっとワガママな君のことが大好きだ!!
まったく、真夏の君は罪な奴だぜ!!

 

ごめんね、NEWSの錦戸くん。
5年間もお別れできないで、私の思い出に縛り付けてごめんなさい。

こんにちは、関ジャニ∞の錦戸くん。

また、大好きなあなたに会いに行きます。

恋を知らない君へ

本当はもう少し前の君あてに書くのがいいんだろうけど、小学6年生の君に向けてこの記事を書く事にするよ。
なんせ、私が知っている限りでは今の君以上に辛い時期なんてなかったと思うからね。

 

まず、1年後、君は恋を知るだろう。今も大好きかもしれないけれど、その日を境に世界がぐんと違って見えるんだ。実際の彼の声を聞いて、姿を見て、君の世界には花が咲く事になる。君が頑張って生きてきた事が報われる最初の瞬間だ。

でも、残念な事に、本当に残念なんだけどその恋は突然終わってしまうんだ。たくさん泣いて、君の心はまた枯れそうになって、彼のことを恨むだろう。でもどうか彼を好きでいた事に誇りを持ってほしい。時間がかかってもいいから、彼のことが大好きだった自分のことまで否定しないであげて欲しい。嫌いでいるのは好きでいるのの何倍もエネルギーを使うし、ほとんどの場合はろくな結果にならないからね。
さらに最悪なのは許さない事に固執してしまうことだ。そりゃあ勿論すぐには許せないだろうし、許したくもないだろうけれど、許せないって思う事と許してはいけないって思うことは全然違うんだよ。大好きなのに、「許してはいけない」と思い込んでしまうのはあまりにも悲しすぎるよね。


それからしばらくして、君はまた恋をする。君もよく知っている人だよ。最初は戸惑いの方が大きいかもしれない。好きになったところで戻ってきてくれるかもわからない状態だし、また同じことになったらって怖くて不安になって、好きになっていいのかたくさん悩むと思う。何も考えずに好きになれるほど子供ではなかったし、割り切って切り替えられるほど大人でもなかったからね。
でも彼らは君が思っているよりずっとずっと強いんだよ。戻ってきたときは、信じてあげられなくてゴメンねって気持ちになるかもしれないけれど、「おかえり」と「ありがとう」はたくさんたくさん伝えてあげてね。


そしてかれこれ5年間、君は彼に恋し続けることになるんだ。そして多分その先も。心が離れそうになるときだってあるけれど、その度に彼らは君の心を全力で抱きしめて引き戻してくるから覚悟しておくんだよ。

楽しいことばっかりじゃない。違う物語へと進んだ2人のことを皆が忘れてしまうんじゃないか、と新しい仲間を受け入れたくないと思うこともある。誰が誰を好きになろうともその人の勝手なんだってこと分かってたけれど、すぐに両手を広げて迎え入れることが出来るほどの余裕はなかったね。君にも彼らにも、あまりにもいろいろなことがありすぎて、彼らの物語は君が最初に描いていたものとは全く違ったものになってしまった。でもそれがアイドルを応援することの面白さでもあるってことがわかる日がいつか来るよ。
君は自分が思っているよりずっとエゴイストだ。認めたくないかもしれないけれど、君がもう少し社会を知って、友達が出来て、それを認める事ができたらスッと楽になるだろう。君がこれから抱える不安や嫌悪も、全部彼らの事を好きが故のものだ。勿論周りに迷惑をかけるようなことはいけないけれど、嫌いという感情を持つことはそんなにいけない事じゃないんだよ。それを乗り越えて大人になれるかどうかは君次第だけどね。

 

もしわたしがタイムリープできたとしても、君の時代には2度と戻りたくない。でもなかったことにしたいとは思わないんだ。辛いことの方が多かったけれど、全部が全部ダメだったわけではないからね。もし今の私に君が会ったら何を思うだろう。残念ながら私は君が思い描いていたような18歳にはなれなかった。相変わらずブロッコリーは嫌いだし、アスパラガスは敵だ。ものの捉え方だってさほど変わっていないよ。
君は簡単に夢を諦めて違う道を選んだ私を怒るだろうか、ガッカリするだろうか。でもきっと私がNEWSを大好きでいることを喜んでくれると思う。

 

弱く折れそうだった君の心を支えてくれたのは山下さんで、あの日終わるはずだった夢をもう一度見せてくれたのは小山さんだ。本当にたくさんの経験をした。もう私は隠居くらいな感じで余生を満喫しようと思う!どうせ1度終わりかけたジャニヲタ人生!!
難しい事はあまり考えずに彼らを丸ごと愛して応援していればそれでいいんだ!!難しい事を考えるのもたまには楽しいんだけどね。大好きって感情を持つ事はとても楽しいし、大好きを共有する事はもっと楽しい。18歳の君は今とても幸せです。

 

恋を知らない11歳の夏の私へ

 

大好き宣言

否定的な意見が嫌いだった。だった、というか今もあまり上手く受け止めることができない。

 

中学生の頃、女の子たちの悪口に混ざるのが嫌だった。決して私が良い子だったからではなく、悪口を言っている子達の事を見下して頭が悪いな、と優越感に浸りたかったから。我ながら最高に歪んでいるな、と思う。

 

 

今現在否定的な意見をみて優越感に浸っているかと言われるとそれは違う。では何故受け止められないのかというと、自分の世界を否定されるのが嫌だからに他ならない。私は意見を意見として受け止めるのがすごく下手くそな人間だ。0か100か、白か黒か、好きか嫌いか。すごく小さなところを一つ否定されただけで、今まで自分が貫いてきた「好き」を全否定された気持ちになる。


ただ不思議なことに、これは本当にNEWSに限った話なのだ。普段はこんな繊細に生きていない、もっと能天気な人間のはずだ。ファンは行き過ぎると評論家になるという話を聞いたことがあるが、ぶっちぎりで私が1番行きすぎたファンだ。穏便な過激派ってやつだ。もうファンと名乗るのも申し訳ない、こんな重くてドロドロした感情を絶対に大好きな彼らに向けたくない。だから私は否定的な意見を見たら全部取り込んで、自分の中でグチャグチャに消化して、絶対に外には出さずにその分だけ「大好き」を発信する。めちゃくちゃな事をやっているな、と思うが、不思議と苦しさはなくて、むしろ大好きを伝えられることに喜びを感じている。

 

だからこんなに暗い記事を書くのは今日だけ。明日からはきっとまた今まで通りに出来るはず。


もちろん私だってそれはちょっと…と思うときだってある。でもそれを形にして、誰かに見える形にはしたくはないな、と思っている。
悲しい思い出はいつか小さくなって、私を作る要素の一つになって消えていく。でも言葉にしてしまったらそれはまた別の誰かの悲しい思い出になってしまう。

 

否定的な意見を見ても、精一杯見栄を張って、背伸びをして、まあそういう考え方の人もいるよね、と聞き分けの良い大人のフリをした。
でも本当は悔しくて、泣きたくなって、もしかして私は無意識にNEWSと向き合うことを避けて、都合の良いところだけ切り取って集めていたのではないかと不安になった。
それでもやっぱりNEWSが好きで、NEWSを好きな人の事が好きで、ただそれだけの単純な話だった。この気持ちは絶対に揺るがない。うじうじするのは性に合わない、そもそも空っぽの頭で考えたところでろくな答えがでてこない。なので私はこれからも頭の悪い言葉で「大好き」を伝える係の人でいる事をここに宣言します。