読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに

愛なんて生易しいもんじゃないのよ

White Love Storyの素晴らしさについて語りたい

まず初めに前回のエイトの記事へのたくさんのアクセス、お気に入りありがとうございます。正直叩かれるの覚悟であげた記事でしたが、温かいご反応をいただきとても嬉しく思っています。これからも緩いスタンスで気まぐれにやっていこうと思いますので生暖かい目で見守っていただければ幸いです。




さて前置きが長くなったが今日は彼氏いない歴は1年どころじゃない!これから先もできる予定ZERO〜、結婚する予定なんてもちろんない私が結婚式で流したい曲堂々の第1位、NEWSのWhiteLoveStoryについて語りたい。
もう発売から1年近く経つけどね!!!

正直に言わせてもらうと、私はアルバムを買って数日間、このWhite Love Storyという曲はアウトオブ眼中もいいところだった。当時WhiteというアルバムはNYAROと、SEVEN COLORSの二曲のために買ったと言っても過言でないくらい私はこの二曲が好きで本当によく聴いていた。
やっと収録順に曲を聴こうとしたのは数日後で、私はこの時White Love Storyという曲に出会うことになる。



まず前奏で流れてくるピアノの音に感動した。私はどうもピアノの音に弱いらしく、飾り気のない美しい音に涙腺が弱くなる。


「昔話を少ししてみよう、とても素敵な恋物語
主役はそう、君と僕。時計の針を戻してみよう。」

出だしから手越さんがおっしゃる通り、この曲に限らず今回のWhiteというアルバム及びツアー自体、ジャニーズの中では(少なくとも私の中では)他に類を見ないほどストーリー性のある物に感じた。
歌い方もいつもの明るく力強い歌声とは打って変わって優しく慈しむような歌い出し。時計の針を戻してみようで一気におとぎ話に引き込まれる。
手越祐也まじ手越祐也。ここを歌えるのは彼だけ。



「セリフはもう決まってたんだ。受け取ってくれるかな?」

シ、シゲーー!!
全体の歌詞を見返す中で、この部分だけ「物語の中」のことを歌っているように感じた。物語の中の事を作家、つまり語り手であるシゲが歌っている。歌割りを考えた人を表彰したい。
また、セリフがなんなのか明記されていないがプロポーズだった事、そしてサビから成就したことがわかる。受け手が考える事ではじめて歌詞に意味が生まれるのだ。
さらに「受け取ってくれるかな?」という優しく問いかけるようなこのフレーズ。まるで花束か指輪をプレゼントするかのような温かさ。言葉をプレゼントするなんて、なんて温かい幸せな発想なんだろう。



「一度きり消えない魔法かけて、今君を幸せにするよ。
虹の降る夜、何気ない朝もずっと守ってくから。」

これ以上の愛の言葉があるだろうか。一度きり消えない魔法。かつてこんなに美しくロマンチックな誓いの言葉を聞いたことがない。
さらに虹の出る夜、何気ない朝。このサビが誓いの言葉だとすると、恐らくこの部分は病める時も健やかなる時も〜に当たるんだろうな。特別な日も、何てことない日でも愛し続けますか?的な。なんてロマンチックな言い回し。日本語ってすごい。
また、守ってくという言い回しもとても素敵だ。結婚ってきっとそういうことなんだ、幸せにするってそういう事なんだね。



「悲しみの空に終わりを告げて、はじまりの鐘2人鳴らそう。
しあわせの音未来へ響き渡れ。
手を取って、Wedding bell」

このフレーズをはじめて聞いた時、連想したのは愛言葉の「986日々、だから今があって、やっと叶えたこの4合わせ。」というシゲのパートだった。
悲しみの空に終わりを告げてという歌詞になんとなくリンクしている感じがする。そしてこれは歌詞カードを見ないと気づかない所だが、この部分だけ「しあわせ」が平仮名で表記されている。きっとここは漢字に直すと「4合わせ」となるんだろう。本当に細かい所まで凝ってる。あと最後の手を取っての所もだ。ここに関してはまっすーのパートで語ろう。



「おとぎ話の少女みたいに君が物語に迷ったら、僕がすぐ手を引いて明日へと導いてあげるから。」

守り、導く。愛を行動に移す時に、これ以上に無性の愛情の表現があるだろうか。ただ愛し、誓うだけではないのだ。
そして「手を引いて」。サビにも手を取ってというフレーズがあるが、これらは恐らく、というかほぼ間違いなく愛言葉と繋がっているだろう。手を引くという行為は愛し合う2人にとって愛情表現となる行為であると同時にNEWSファンにとっても大きな意味を持つ言葉である。
アルバムを通して計算され尽くした歌詞、曲順。ここまでくるとこのWhiteというアルバム全体が一つの大きな芸術作品に思えてくる。



「時代を超えて今も変わらず、君は僕のヒロイン。」

はい。この部分について語りたくてこの文章を書き始めたと言っても過言ではない。ここまで恋物語、セリフ、おとぎ話の少女といったような可愛らしく素敵なフレーズが多い中、ヒロインという言葉はお姫様などのありがちなフレーズに比べて力強さや現実味を感じる。これは曲全体を通しでのことだが、美しく可愛らしいメロディー、歌詞の中で、実は結構力強さを感じるような単語が多かったりする。そこもきっとこの曲の魅力なのだろう。さらにこの歌詞を10周年コンサートでファンに向かってプロポーズした小山慶一郎が歌っている。本当に歌割りを考えた人を表彰したい。



「何十年後も色褪せない真実のストーリー。」

真っ白だからこそ決して色褪せない。曲全体を通して永遠にあなたを愛し続けますというニュアンスなのだが、ここまで多様な言い回しで口説き落としてくるなんて。もうNEWSは新郎というより王子様なのか。知ってたけどね。


「お互いを幸せにできるのは二人だけ。」

この歌詞に底知れないほどの愛と愛おしさを感じた。
サビの歌詞にあるような「君を幸せにする」や嵐の「100年先も愛を誓うよ」といったような向こうが愛を誓ってくれるフレーズは結構見かけるが、このパターンは新しい。関ジャニ∞の安田のソロ曲、アイライロでは「早く逢って愛し合って、愛色でいたい」と、愛し合いたいと言うような事を歌っているけれどどちらかというとこの曲は愛というより恋に近いか。
この歌詞から読み取れる2人で幸せになるというメッセージ。サビでは君を幸せにする、と歌っているが、どちらか片方だけが幸せでもダメなのだ。あなたの幸せに出来ることが私の幸せ。私が幸せでいることであなたも幸せになってほしい。
まさに永遠の愛、ウエディングソングにふさわしい。この文字にして16文字、10秒足らずのワンフレーズがある事によって曲全体の愛に深みが増し、より愛おしく感じる。このフレーズを考えた人本当すごいし大サビ前に持ってきた事とか全部含めて表彰したい。

「白い奇跡が永遠に続くように。
願い込め、Wedding bell…」

曲の終わりにふさわしい、なんとも幸せな気持ちになるフレーズだ。汚れのない2人の愛を表す「白い奇跡」という言葉に、これから先に待っている2人の明るい未来が目に浮かぶ。

また、この曲の凄いところは「愛」という言葉を使わず(間奏の囁きは見逃していただきたい)にこれだけの愛を表現しているところだと思う。私はまだ結婚というものがイマイチ理解できないのだが、結婚というものは愛とか恋とかの枠を超えて、もっと深くて暖かくて私の十何年の人生では知ることのできない感情なのだろうか。





ここまでだらだらと書いてみたがまぁ聴いていただくのが一番早いし私の稚拙な文章力では伝わらない魅力を知ってもらえるかと。

それから、ここまで書いてふと頭をよぎったのは、夏目漱石夢十夜という作品の中の第一夜だった。
高校の教科書に掲載させていた作品だが、私ははじめてそれを読んだ時、授業どころではなかくなった。なんて美しく、無駄のない文章なんだろうという感動と、死ネタに弱いこともあって涙をこらえるのに必死だった。
そう、無駄がないのだ。第一夜と同様に、一つ一つのフレーズに意味があり、どの部分を抜かしてもこのWhite Love Storyという曲は美しさを失ってしまう気さえした。
もしかしたら作詞者は夏目漱石レベルの才能を持っているのでは?となんとも頭の平和なことを考えてみたりして。この記事を書き終わったあとには夏目漱石の他の作品も読んでみよう。


ついでに言うと実はアルバムWhite全体で一つにして書こうと考えていたのだが、この曲だけでもう収まる気がしなかったので独立させてみた。いつか機会があれば全体を通して感想を語りたい。


文中に何度も何度も書いてしまったが、この曲は本当に美しく、愛おしい。聴き終わった後に無性に幸せな温かい気持ちになる。
曲中には具体的なエピソードが登場するわけではないので、自分達に重ねあわせながら聴くことも出来るだろう。
結婚式を控えた新郎新婦の方、BGMとして是非このNEWSのWhite Love Storyという曲を候補に入れてみてはいかがだろうか。残念ながら私には結婚する予定も恋人ができる予定もないので今日も1人電車に揺られながらこの曲を聴きたいと思う。