自由気ままに

スーパーちょろいオタク

NEWSのススメ

4人の番組レギュラー化決まりました拍手!!コヤシゲレギュラー化決まりました拍手!!少プレのMC決まりました拍手!!あとなんかあったっけ?凄くない?ゲスト出演とかも多すぎて把握しきれてない!助けて!!

事件です。レコーダーが死にます。というかどうしちゃったの事務所、各局、凄い推してくれてる…感謝…(まさか24時間テレビくる??)

これは今年NEWSがくる。世間の皆様がNEWSの魅力に気がつき始めた。

気づくのがおせーーーんだよ!!!

なんて言ってみたものの多くの人にNEWSの事を知ってもらえるのは純粋に嬉しい。
というわけで今年大ヒット必須のNEWSの魅力を、超独断と偏見のNEWSファン小山担目線でサクッと紹介していく。


その①「どれが誰だかわかりやすい」

人を勧めて断られる時の1番の理由ってみんな一緒に見えるとかどれが誰だかわからないとかだと思う。
安心してください。めちゃくちゃわかりやすいですよ!!

f:id:ykyk41042:20160321172407j:image
んん??家族写真かな??っていうのは置いておいて……

左から黒髪(加藤)、赤髪(増田)、金髪(手越)、茶髪(小山)である。黒バスかよ。

実を言うと、加藤さんの髪色はちょくちょく変わるのでこの写真も黒と言い張るのは無理があるかもしれない。小山さんも同様に比較的変化が激しい。
しかし、真ん中2人はまず変わらないから安心していただきたい。金髪は手越。赤髪は増田。

加藤さんと小山さんの見分け方だが、基本的に小山さんは髪色は変えても髪型は写真の通りであることが多い。たまに短くしたりはするものの、ぶっちゃけさほど変わらない。加藤さんは刈り上げをしてみたりすることはあるものの、基本的に緩くパーマがかかっている。また、前髪をあげてデコ出ししてるイケメンがいたらそれは加藤さんだ。

身長も付け足してまとめると、
小山……茶髪or黒髪 短め 背は高い
増田……赤髪  背は真ん中くらい
加藤……黒髪or茶髪 パーマ 背は真ん中
手越……金髪 背は低め

となる。メンバー内比較なので一人づつ見たときに分かりにくくなってしまうのが微妙な点だが、それでも他のグループに比べたら圧倒的にわかりやすい。
今後NEWSを見る機会があれば是非参考にしていただきたい。



その②「結構聞いたことある曲が多い」

私がNEWSの曲を非NEWSファンに布教しようとすると、これ聞いたことある!と言われることが結構ある。
CMにも起用され、大ヒット曲となったweeeekや、人気アニメONE PIECEの映画版の主題歌となったサヤエンドウ、サッカーファンであればW杯のテーマソングとなったONE〜for the win〜(ブラジルの歌)やクラブ杯のANTHEMまた、現在高校生〜大学生の方であれば恋のABOなんかも聞き覚えがあるかもしれない。
それから何が凄いってインパクトが凄い。チャンカパーナを始め、ポコポンペコーリャKAGUYA、忘れちゃいけないチュムチュム。タイトルだけでこのボリュームである。聞いたことのない方はサビだけでいいので是非一度お聞きいただきたい。耳に残るってレベルじゃないby友人(eighter)
というわけで、NEWSの曲は結構聞いたことがある、否、聞いたら忘れさせないような曲が多いところが魅力の一つだ。



その③「超個性的なメンバー」

個性的っていうもんではない。1人はニュースキャスター。1人はスタイリスト。1人は小説家。1人はエンターテイナーである。ニュースキャスターと小説家に関してはもう副業じゃね?というくらい活動している。メンバー全員がアイドル兼○○?二次元大好きな私からしてもビックリなスペックだよ。

そんな超個性的なメンバーを1人ずつサクッと紹介していこう。まとまりきっていない文章ばかりだが、NEWSのメンバーを知る参考程度にご容赦願いたい。

小山慶一郎(31)〜everyの人〜
f:id:ykyk41042:20160321184538j:image
私的ベストオブ美しい小山さん。

NEWSのリーダー、日テレの夕方の顔。everyでお馴染みのアイドル兼ニュースキャスター、慶ちゃんである。昨年10月にはチカラウタという番組も始まり、とうとうバラエティーでは日テレに住んでるんだよね?といじられ始める。ちなみに私の担任は小山さんを本気で日テレのアナウンサーだと思ってた。

夕方の真面目な印象が強いかもしれないが、実は彼、超がつくほどの天然である。具体的なエピソードとしては、
・車に同乗していた友人が「頭が痛い」と体調不良を訴えた際、カーナビに「頭痛」と入力する
・ペットボトルの蓋をしたまま中身を飲もうとする
・紙袋から買ってきたコーヒーとシロップを出し、シロップを紙袋にいれようとする
…などなど(コーヒーのやつとか初めて聞いた時ちょっとゾッとした)
もっと詳しく知りたい人はGoogle先生に聞いてください!!

それから、メンバー想いで純真である。「僕以外の3人が楽しく仕事してくれるのが一番幸せ」というセリフや、日々重なる手越祐也のイタズラを笑って許す様子から読み取れるように、とにかく心の広い平和主義者なのだ。また涙脆く、加藤シゲアキと飲みに行った際にはNEWSに起こった様々な苦難を思い出し涙し、大野智主催のジャニーズリーダー会に招待された際にも感極まって泣きだしてしまった。

なんて世間向けに説明口調で紹介してみたが、ここから少し小山担(しかもかなりヤバイ部類の小山担)目線で語って、否、マシンガントークしていく。はっきり言ってあまり読む必要はない。よっぽど暇じゃない人はスクロールして欲しい。





ここからスクロール





小山さんの素晴らしいところは何と言ってもそのシュッとしたスレンダーボディからは想像できないくらい女子力が高いところだと思うんだよね、オトメンとかじゃないの、もう小山さんがOLに見えてる。日テレ所属美女アナウンサー。いい響き。自撮りとかも可愛いしさ〜、なんなの??私ちょっと前までJKだったけど勝てる要素なんて一個もなかった!!(31)とかいう表記すら小山さんを輝かせる要素にみえてくる!!あとメンバーの出てる番組チェックしてるって何、リーダーっていってもそこまでやる人いないと思うよ、貴方TVだけで見たらグループ内でぶっちぎりで出演時間長いのよ??グループってかジャニーズ事務所内でもトップクラスだったからね?私計算したから!どこにそんな時間あるの?身体壊さないか心配だから程度をわきまえてやってね、でもそんなメンバー想いな小山さんが大好き!!それから身体薄いの気にして筋トレに励んでるのも可愛すぎ、私はそんなに気になった事ないけどトレーナーさんにみてもらう事で怪我とかも未然に防げるなら安心。ついでに言っとくと上田さんに求愛されてたけど加藤さんの事はどうするの??噂(伝言板)だと告白したとかなんとか聞いたけど…加藤さんだって丸山さんに求愛されてるんだからウカウカしてたら本当に旦那さん取られちゃうからね!でもやっぱりみんな気付いちゃうか〜〜小山さんの魅力に!!ってかそもそも自分以外の3人が〜幸せってなんだよ!!今時天使だってそんな事言わないわ、天使じゃなければ女神?女神なのね?だからそんなに美しいのね??
あ〜〜そらジローになりてぇ〜
小山担楽しいイェ〜〜〜〜イ!!!!





スクロールここまで


増田貴久(29)〜テゴマスのマスの方〜
f:id:ykyk41042:20160321192028j:image
可愛い顔した男前。


NEWSのスタイリスト。1番徹底してアイドルをやっている。
6人時代からコンサート衣装を担当し、現在に至るまでその役割を担っている。
彼が担当した衣装を見たい!という方は2010年のライブからを参考にして欲しい。また、特番の音楽番組に出演する際の衣装はコンサート衣装を用いる場合が多いのでそれも参考にしてもらいたい。

彼のデザインする衣装は、どれもメンバーの容姿を最大限に活かしている。例えば、小山さんや加藤さんのような背の高いメンバーには細身なパンツで脚の長さを活かし大人のカッコ良さを魅せ、自身や手越さんのように比較的小柄な場合にはゆったりとしたサルエル系のパンツを用いてカッコ良さの中にも少年のような愛らしさを覗かせる…といったように彼のチョイスはメンバーを引き立たせる。

それから、彼はNEWSのなかで一番アイドルでいる事に徹底している。NEWSの中でアイドルといえば手越!!というイメージがあるかもしれないが、彼のアイドル性というのは手越さんのものとは少し違い、文字通り"アイドルに徹する"という、職人的なものだ。イメージとしてはV6の三宅さんに近いものがあるかもしれない。増田さんにとってファッションも筋肉キャラも、アイドル増田貴久の上に成り立っているという意識を常に持っていると思う。(これに関してはそんな事ない!と仰る増田担様がいらしたら全力で謝罪する。)
そんな自分の中に一本の筋を持っている、いわば男らしいところが増田さんの魅力の一つだ。なんか増田さんだけ超真面目に紹介しちゃったよ。


加藤シゲアキ(28)〜小説家の人〜
f:id:ykyk41042:20160321184704j:image
和服が似合う男性って素晴らしいと思う

ご存知ジャニーズ初の小説家、インテリジャニーズ加藤さんである。
音楽番組でチャンカパーナを歌うたびにNEWSの右端の人とか、NEWSの黒髪の人とか言われ続けたけど、彼の名前は加藤シゲアキです、この機会に是非お覚え下さい!ちなみに本名は加藤成亮と言います、こっちもカッコイイので好きです!!

まず、今年はじめに処女作が映画化され話題となったが、彼の小説は本当に面白い。と言ってもこればっかりは好みの問題なので絶対に面白いなんて無責任な事は言えないが、少なくとも私の趣味にドンピシャである。
具体的な魅力は幾つかあるが、中でも私は言葉の言い回しが好きだ。ちょっと背伸びしていつもより高いヒールを履いてみたり、新しい口紅をつけたりした時のようなときめきを感じる。はじめはなれないかもしれないが、読み進めるたびに物語だけでなく文章の美しさに気づき、何度も繰り返し楽しむ事ができる。物語の本と詩集を2冊読んだような、ちょっと得した気分になる。そんな非日常的な感情を与えてくれるのが、他の本にはない彼の本ならではの魅力だと私は考えている。

それから彼は結構多趣味で、いろいろな事に挑戦している。毎週日曜日にソロでラジオ番組のレギュラーを担当しているのだが、毎週話題に事欠かず新たな加藤シゲアキを見せてくれる。様々な事に挑戦する少年のような心と、それらの結果を受け止める大人の余裕を持ち合わせていて、私は女性だが加藤さんのような"物事を楽しめる大人"になる事を目標にしている。なれるかは別。

実は私、加藤担を疑われるくらい彼の事をリスペクトしている。しかし小山さんが加藤担だから小山担が加藤さんの事大好きなのは自然の摂理である。



手越祐也(28)〜イッテQの人〜
f:id:ykyk41042:20160321192141j:image
デカワンコ」より

こればっかりはイッテQの印象が強いだろう。ほぼ正解である。上記の3人のメンバーに関しては、世間の皆様があまり知らないであろうところを紹介しようと努めてきたが、彼に関しては多少の違いはあれどもあれがあのままステージに上がってる。子猫ちゃ〜〜ん♡も、ハニーたちぃ〜〜♡も、ポーポーポーも、全部コンサートでやってる。ナメる対象も、宮川さんから小山さんに変わるだけだ(しかし小山さんに対するイタズラは圧倒的にエグくなる)。

ただ、イッテQでは俺天才♡みたいな生意気さが全面に押し出されてるが、彼は恐ろしいほどに負けず嫌いで、恐ろしいほど努力家だ。それにバラエティ番組なので彼のアイドル論は面白おかしく紹介されがちだが、それを本当に信条とし、ファンの求めるアイドルを全力で追い求める彼の姿はとてもカッコイイ。こればっかりはコンサート映像を見てもらうのが1番良い。

それから手越さんといったら忘れちゃいけないのが女装である、ウィッグと衣装だけで9割女の子になれる(残り1割は太もも)。しかもそれがその辺のモデルさんより可愛い。マジ女やってく自信なくなるわ〜〜。


その④ 声もわかりやすい


曲を聴く上で、最初はあまり気にならなくても聴き重ねると気になってくるのが、このパートを誰が歌っているのか?
である。これも比較的わかりやすいと思う。恐らく、ライブDVDを一度見たらなんとなくわかるレベルだと思う。ソースは私の母。
ということで、私なりに4人の歌声の特徴をわかりやすい順に書き出したが、なんとなく程度に鼻で笑いながら読んでいただきたい。

手越さん
まっすぐでブレない突き抜けるような歌声。大サビやラストのフェイクをかけまくってるのは彼。

加藤さん
特徴のある声で、一度加藤さんの声と知ってから聴くと大体わかる。意外と高音のハモりを担当してたりする。

増田さん
手越さんがトランペットなら増田さんはバスクラリネットのようなイメージ。柔らかく広がっていく歌声。ラップ部分を担当することも多い。

小山さん
メンバー内では最も低音のハモりパートを担当することが多い。滑舌が良いので歌詞が聞き取りやすい。

小山さんに関しては歌声の特徴じゃない気もするがご愛嬌。
また、ご存知かもしれないがNEWSにはかつて倍以上のメンバーがいたため、2011年以前発表の曲を聴くと四人以上の声が聞こえるので注意が必要である。






とりあえず超私目線で主なNEWSの魅力について語ってみた。本当はもっともっとマニアックな魅力もたっくさんあるのだが(経歴とかコンビ愛とか)、それは是非皆様自身に見つけていただきたい。というかこのペースで書きたい事全部書いてたらいつまでたってもアップできない。


もしかしたら既存のNEWSファンの皆様の中には、チケットが取れなくなるから新規を増やすな、メディアの露出を減らせ、という意見をお持ちの方もいるかもしれないが、NEWS氷河期(仮称)の2011年を知る身としては、毎日のようにNEWSのメンバーが頑張っている姿を見ることができるのはとても嬉しい。

それから実は、先日行われたコンサートの当落で私は全滅というものを味わった。東京ドーム公演が取れないとは思っていなかったので、ショックで1日寝込んだ。しかし同時に、東京ドームを2日間いっぱいにできるNEWSの事を誇らしく思った。確かにチケットが取れなかったのは悔しいし、既存会員は2月上旬に申し込みを締め切られていたのに3月中旬まで新規会員の受付を締め切らなかった事に対して腹が立たないといえば嘘になる。しかし時間が経ち気持ちが落ち着いてみると、結果的にチケットは取れなかったが、私が取れなかった分以上にNEWSの魅力を多くの人々が知ってファンクラブに入ってくれた、という考え方に切り替える事ができた。

それに私は、コンサートに行く事を微塵も諦めてはいない。長年ジャニヲタをやっているのだ、プレイガイドに協力してくれる戦友だってたくさんいるし、まだ6月まで日はあるんだから誰か一緒に連れて行ってくれるかもしれない、なんせ東京ドームには5万人以上お客さんが入るのだから。

もし今回会場に入れなかったとしても、変ラボは見れる。NEWSな2人だって放送されるし、NEWSは優しいからきっとDVDを出してくれる。それに私ははてなブログで皆さんの書くレポートを読むのが大好きだ。やっぱり私は恵まれている。だから大丈夫、別に死なない。むしろ次にNEWSに会うまで死んでたまるか!!諦めたらそこで試合終了なんだよ!!

完全に話がチケットを取れなかった女の話になっていたが、要は私はNEWSが大好きだ。声を大にして言いたい。NEWSを知っている人がもっと増えて、NEWSがもっともっとやりたい事ができますように。


というわけで次回

「私的NEWS入門編CD、DVDを紹介」

お楽しみに〜〜