自由気ままに

スーパーちょろいオタク

NEWSのススメ「私的NEWS入門編CD、DVD紹介」

鉄は熱いうちに打てってことで熱いうちにやります!!アルバムQUARTETTOの感想も書いてるんだけどもう発売から結構たつよね!? 

前回の記事で予告した私的NEWS入門編!!入門編とか言ってるくせに、自分の好きなアルバムとDVDの宣伝したいだけだから全ての作品については語れない!(何故ならいつまでたっても終わらなくなるから!)
ということで、私的NEWS入門編アルバム5作品とライブDVD4作品をそれぞれ聴いて(見て)もらいたい順に、そして収録曲を一曲ずつサクッと紹介していく。
(何故一曲ずつかというといつまでたっても以下略)

CD部門


その① 「NEWS BEST」
タイトル通りベストアルバムで、結成から山下、錦戸脱退までの間に発表された15のシングル曲が収録されている。
やっぱり最初は耳に覚えのある曲を聴いてもらいたい。このベストアルバムを聴いて、他の曲も聴きたい!と思った時がNEWSにハマる時だと思う。

このアルバムの中でオススメしたいのは「希望〜Yell〜」という曲だ。
この曲はバレーボールの応援ソングに起用され、最近の音楽番組でも歌われているので結構聞いたことがある人もいるかもしれない。私はこの曲の中で特に
自分にできることを持ち寄って そうさ 僕も 君も
という2番の歌詞が好きだ。yellとタイトルにつくだけあって、何度もこの曲に励まされ、支えられてきた。これまでもこれからも、ずっとNEWSの代表作の一つであって欲しい一曲だ。

購入、またはレンタル店に行くと初回盤と通常盤の2形態があるが、私はまず初回盤をお勧めしたい。何故ならソロ曲がたくさん収録されているから。結構な数のアルバムを出しているが、ここまでソロ曲が豊富なアルバムは他にないし、そのソロ曲もまた多様で聞きごたえがある。

NEWS BEST(初回盤)

NEWS BEST(初回盤)

NEWS BEST(通常盤)

NEWS BEST(通常盤)



その② 「NEWS」
2013年に発表されたアルバム。四人のカッコいいところ、可愛いところ、ちょっと大人なところ、これまでの苦労、これからのNEWSが全部詰め込まれた名盤。私NEWSアルバムの事全部名盤って言ってるからあんまり説得力ないけど。

このアルバムで外せない一曲は「チャンカパーナ」だろう。やっぱり一度は聴いたことのある楽曲だろうし、NEWSファンにとっても思い入れの強い一曲だ。歌詞の内容としては深夜バスで見かけた黒髪美女と出会ったその日にヤっちゃったけど美しい恋にするよっていう一見とんでもない曲なのだが、NEWSが歌うとちゃんとポップでキャッチーな曲になるから不思議である。

このアルバム収録のソロ曲はまた一段と素晴らしいのだが、初回B盤にしか収録されていないしレンタル店に置いていないのが非常に悔やまれる。
(ちなみに特典映像付きの初回A盤とソロ曲付きの初回B盤はとんでもない値段になってる)

「NEWS」(通常盤)

「NEWS」(通常盤)

その③「LIVE」
2010年発表の6人時代の作品。
個人的な思い入れが強いっていうのもあるのだが、ファンの評価も高い曲が揃っているので是非オススメしたい。

粒揃いのアルバムなのでかなり悩んだがやはりファン投票で1位を獲得した「エンドレスサマー」を紹介させていただく。歌詞を含めた曲の素晴らしさは皆様が綴ってくださっているし今更私が言うことでもないので、私的ポイントである歌割りを推したい。この曲は出だし〜2番Aメロまで、メンバーが一人づつ歌っていく構成になっている。あまり意識せずともここ○○が歌ってるな〜、というのが分かるというのが6人時代の曲にはあまりない、この曲ならではの特徴だと思う。

「supernatural」のような爽やかな曲から、「dancin' in the secret」のようなゴリゴリのダンス曲まで、NEWSの振り幅の広さを思い知らされる完成度の高いアルバムとなっている。

LIVE

LIVE


その④White
NEWSがTeam Whiteというヒーローになり、ネット世界の闇であるWeblackと戦ってゆく…という物語を軸に作られた、これもまた完成度の高い2015年に発表されたアルバム。

実はこのアルバムに収録されている「White Love Story」という曲はすでにブログ内で語っている。かなり長文なので読む際は時間のある時をお勧めする。
その他にもう一曲選ばせてもらえるなら、リード曲の「Mr.White」を推したい。音楽番組で披露する機会もあったので、なんとなくご存知の方もいるかもしれない。3分もない短い曲なのだが、全体を通して疾走感があり聴き心地が良く、「真っ白な世界へと誘おう」という歌詞の通り、Whiteへの導入曲としての役目をしっかり果たしている。

そしてソロ曲だが、妖艶さの中にもザ・ジャニーズの魅力漂う小山さんの「ロメオ2015」、これ絶対コンサートで踊るわと確信した(実際も踊った)増田さんの「sky Beautiful」、涙なしには聴けない手越さんの「あなた」、お洒落で曲全体に加藤シゲアキその人が詰め込まれた「ESCORT」と、是非聞いてもらいたいラインナップとなっている。
安心してください、通常盤収録ですよ!

White 【通常盤】

White 【通常盤】


その⑤「QUARTETTO」
4人の4人による、4人だけの音楽とハーモニーがここにある。
“QUARTETTO”ワールドへ、ようこそ。__公式サイトより
今月9日に発売された最新アルバム。まだ店頭で目にする事も多いだろうし、機会があれば是非手にとっていただきたい。

同時進行で丁度アルバム全体の感想を綴っているところなのだが、その中から一曲あげるとすれば「チュムチュム」だろう(NEWSファンからそこ!?というツッコミが聞こえる)。タイトルのインパクトもさる事ながら中身はもっとすごい、個人的にNEWSナンバーワントンチキソングだと思っている。恐らく最初のうちは聴きながら笑うと思うが、それを乗り越えたら、そこにチュムチュムの深みが待っている。

もし手に入るならば、是非初回盤のMVを見て欲しい。そしてさらに可能なら曲を聴く前にその映像を見てもらいたい。きっとアイドル歌手を超えたNEWSをお楽しみいただけるだろう。

QUARTETTO【初回盤】(DVD付)

QUARTETTO【初回盤】(DVD付)

QUARTETTO【通常盤】

QUARTETTO【通常盤】



DVD編


その①「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」
タイトル通りNEWS10周年記念コンサートを収録し、10年間の苦労や喜びを全部詰め込んだDVDとなっている。ライブDVDはレンタル店に置いていないし、周りにNEWSファンがいない限り購入する事になる上に決して安いとは言えない値段なので1番最初は予備知識が少なくても楽しめ、尚且つNEWSの事を知ってもらえるであろうこのライブを是非選んでもらいたい。

このライブではアンコールで歌われた「CRY」という曲を推したい。これもまた個人的な思い入れがあるのだが、大きな壁に当たって転んだ際に、次への一歩を踏み出させてくれるような本当に心に沁みる一曲である。
私はこのDVDのこの曲を見て、泣きながらケーキを食べた思い出がある。だから今の私は強い。

また、特典映像のご褒美旅行もメンバーの愛くるしい姿を見ることのできる大満足の内容となっているので是非ご覧いただきたい。
その②NEWS DOME PARTY 2010 LIVE! LIVE! LIVE! DVD!
アルバム「LIVE」を引っさげて2010年に行われた、6人時代最後のライブの映像。なんせ私が初めて行ったライブなので個人的な思い入れが強すぎて若干フィルター入ってるかもしれないが本当に完成度の高いライブ。

先ほどアルバム部門で紹介した「エンドレスサマー」の演出も涙が出るほど綺麗なのだが、ここではアルバム未収録、というか幻の未音源化楽曲であるコヤシゲの「言いたいだけ」を紹介したい。まずコヤシゲとは小山さんと加藤さんの組み合わせの事を指し、6人時代のライブでは主におふざけコーナーを担当していた。そして「言いたいだけ」とは、タイトル通りコヤシゲが言いたいだけなワードを並べて作った曲である、ちなみに作詞作曲だけでなく振り付けもコヤシゲが担当。非NEWSファンの友人にこのライブDVDを貸すと、決まって「コヤシゲ面白すぎ、最高。」という感想と共に帰ってくる。

初回盤にはドキュメンタリー映像が付いていて先ほどのコヤシゲが振り付けを考えていたりする可愛らしい映像を見る事ができるのだが、通常盤は通常盤で女装した手越さんとかタキシード仮面な山下智久とかを見れるのでどっちを選んでも結果オーライ。
その③NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~
NEWS最強のDVDと呼ばれる(主に私によって)くらい何回も見返して泣いていて、私的泣くポイントが5、6ヶ所存在する。そんな素晴らしいDVDがなぜ3番目なのかというと、結構重い上に予備知識ゼロで見ると置いていかれる、それは勿体なさすぎる。もしこれを最初に見るのであれば、2015年1月に放送された櫻井有吉アブナイ夜会のコヤシゲゲスト回を見てからにして欲しい。絶対その方が楽しめるから。

これもかなり迷ったし、この短いスペースで紹介するのかも申し訳ない気がするが、1つ紹介させていただくなら「Share」をあげたい。この曲は6人で作られ、先述のコンサートLIVE!LIVE!LIVE!では本編最後にもってこられる思い入れの深い曲だ。6人のNEWSをなかった事にしないでくれたのも嬉しかったし、途中で感極まり歌えなくなってしまった増田さんも、涙ぐみながらも笑顔を見せる加藤さんもみんな愛おしい。先ほど書いた私的泣くポイントの一ヶ所だ。

もし知人でこのDVDの初回盤を持っている人がいれば是非借りて見て欲しい。何故なら初回盤には「再始動への軌跡」という特典映像がついているからだ。NEWSが4人になってからこのコンサートまでの活動を追った、簡単に言えばメイキング+αみたいな物なのだが、もうちょっとしたドキュメンタリー映画である。もうこれ2時間とかの特番でやるやつだよね?ってくらい完成度も感動度も高い。正直この映像を見てからライブ本編を見てもらいたいくらいなのだが、残念な事に現在入手が極めて困難でとんでもない値段になっている。
その④NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008 -THE FIRST TOKYO DOME CONCERT-
タイトル通りNEWS初の東京ドーム公演を収録したDVD。このDVDでは4人の若い頃の可愛い姿だけでなく、錦戸さんの死ぬほど可愛い姿を見る事ができるので是非eighterさんにも見ていただきたい。また、キスマイ(一部)や嵐(二宮さんと櫻井さん)、山田涼介をはじめとするいろんな人の若かりし頃を見る事ができるので彼らのファンの皆様もご覧になってみてはいかがだろうか??

この公演の中に私がNEWS史上1番好きと言っている演出の曲があるのだが、長くなりそうなのでそれはまた別の機会に語る。ということで「BEACH ANGEL」を紹介する。これのすごいところはメンバーがとにかく飛んで跳ねて走り回りながら歌うことだ。私は正直口パクを疑ったが、曲が発表された時と歌割りが変わっている(理由は察して下さい)のでそれはないという結論に至った。しかし本当に疑ってしまうくらいの運動量で、楽しそうに走り回る姿にアイドルっていいな…としみじみ感じてしまう。また、衣装がメンバーカラーになっているところも入門編オススメポイントの一つだ。NEWSのメンバーカラーは赤(山下さん)、青(錦戸さん)、紫(小山さん)、黄色(増田さん)、緑(加藤さん)、ピンク(手越さん)なのだが、小山さんはたまに旧カラーのオレンジの衣装を着ているので注意。これもその一つだが、私はこの小山さんの衣装を凄く気に入っている(誰も聞いてない)。それから、曲と曲の繋ぎがうますぎて気がついたら次の曲にいっているので注意。

もうだいぶ前の映像だが、これも結構入門編向けなDVDだと考えている。メンバー紹介を何回もするし、メンバー同士で考え合った(手越さんだけは櫻井さんに手伝ってもらった)紹介ラップもわかりやすくて面白い。



というわけで、今回はアルバム5作品、映像4作品を紹介させてもらった。
なぜ映像が4作品なのかというと、そもそも映像が6作品なので一つだけ弾くのがどうしても嫌だったからだ。面倒臭い性分なのだ、お許しいただきたい。
というかそもそも十数枚とか出してるわけじゃないから入門編とか言って5枚も紹介したら半分以上紹介したことになるじゃん。
あとこれ冷静に考えたらこれオススメの一曲のところでガッツリネタバレしてね??ちょっと申し訳ないが、まず興味を持ってもらうをコンセプトにやってるからさ……


見てもらいたい順に〜なんて言って書き始めたが、ぶっちゃけ全部完成度高いし満足してもらえると思う。何から買ったらいいかわからない…という人の目安程度にしてもらえればいいし、結局手に入った順で見るのが一番いい。
4月20日には最新の映像も発売されるのでそれから手を出したっていいと思う。
今度聞いてもらいたいカップリング部門とかもやりたい。QUARTETTOの感想書き終わってないくせに何を言うか。