読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに

愛なんて生易しいもんじゃないのよ

アルバム『QUARTETTO』が控えめに言ってどうしようもなく素晴らしかったので宣伝したい

ジャニーズ NEWS
タイトルのまんまです。聞いてくれ!!レンタルでいいから!!でも欲を言えばMV見てほしい!!むしろMV見てからアルバム聞いてもらいたい!!
もうツアー始まるのに1人だけ出遅れてる感が半端じゃねえ!!しかも出遅れてる癖に大した事が書けてない一番最悪なパターン。

またNEWSが名盤を生んでしまった…
昨年のアルバムWhiteの感想いつか書きたい…とか言ってるうちに次のが出ちゃったよ。そのうち書くかもね。書く書く詐欺。
発売からもうだいぶ経つが今更宣伝する事をお許しいただきたい。なぜならNEWSの活動量があまりに凄まじかったのでパニックになったり、世間の皆様にNEWSをアピールする記事を書いたりしてたから。
多分曲の考察とかは頭の弱い私が無理して書かずとも皆様が素晴らしいレビューを書いてくれると思うので、私的萌えポイントを、そして今回もキリがなくなるのでサクッと綴らせていただく。


MV『Theme of "QUARTETTO"』&メイキング
まず私はアルファベットにとても弱いのでthemeとthemaの違いが分からず検索をかけた。なるほど、Themaがドイツ語でThemeが英語で意味はどっちも主題とかそういうニュアンスで正解なんだけど発音が違ってThemeはティームなのか…つまりティーム オブ カルテットになるのね…、通りでテーマってiPhoneで打つと変換がドイツ語の方しか出てこないわけだ。また一つお利口さんになった。ここまで映像とは全く関係がない。

メイキングから収録されていたので少し驚いたが、見終わってみるとこれで正解だったと納得した。アイドルなのにリズムがとれない加藤さんかわいい。小山さん四銃士に続いて完全に筋トレキャラじゃん…とか思ったけど器具の金属っぽい音凄く好き。手越さんはドラム缶と並んでも絵になるのね…、あと増田さんがハンガーの音を使ったのがまさに「あるもので音を作り上げる」って気がしてよかった。(だってタイプライター触ったことないしサッカーなんて何年もしてない)

メイキングの溢れ出る可愛さとか本編のラストの格好良さとかも語りたいけど映像はやっぱり見てなんぼだと思うから初見の興奮を皆様にも味わっていただきたい。そして今感想とか書いちゃってるけどむしろ私が感想を聞きたい。

『Theme of "QUARTETTO"』
WhiteのBlack JackはBYAKUYAの導入曲のような印象だったけど、今回はアルバム全体への導入のようなイメージでNEWSのcompassに近い立ち位置だと思う。収録曲のMVとかダンス映像とかが断片的に画面に出てくるっていうオープニング演出考えたんですけどいかがでしょう映像監督加藤さん。
MVのやつと違う!?っていうのが最初にきて、シゲのチュチュチュで収録曲が織り込まれてるのか、と気付いた。靴を鳴らす音から始まるのだが、全体的にオシャレな格好良さの中にNEWSらしい可愛さも盛り込まれていて素敵だと思った。しかしエイヤエイヤーのインパクト強すぎだろ。

『QUARTETTO』
初めてKラジで聴いた時に加藤さんの燃え尽きるまででやられてこっちが燃え尽きた。2番までの構成だから短いな〜とは感じていたので実際2分半しかなくて驚いたのだが、かなりテンポよく展開する曲調なのでもっと短く感じる。
聴きやすく、なおかつしっかり印象にも残り「Take you all to "QUARTETTO" world Ready go」の言葉の通りいい導入になっていると思う。
Mステではこれ歌うのかな〜とか考えてたらMステどころかなんの音楽番組の情報もこないんだけどどういう事なの。

『ANTHEM』
サッカーのテーマソングという事で年末にはよく耳にしたこの曲。収録がDVDシングルでレンタル店にも置かれなかったので、聞いてみたいけど購入はちょっと…と思っていた方々に押し付けたい。
出だしのWo…で試合の始まりを感じ、曲が進むにつれて会場と一体となり盛り上がっていく良いテーマソングだったと感じている。
ついでに宣伝しとくと、昨年のベストアーティストでの初披露の時、増田さんのラップの後に入るWooの掛け声の時の振り付けがかなり萌えるので可能なら是非見ていただきたい。

NEWSの彼女になってスレンダってだれよ!って言いたい人生だった。
これ、ブラジャーのCMソングなんだぜ。信じられるか??過去ブラジャータイアップ2作品は真夏に女をナンパしまくる曲だったが、一転して忘れられない彼女の事を想う切なくてロマンチックな曲になっている。季節も冬になってるし。というかこれをシングルで出さないNEWSは一体何を考えているの??
この曲の素晴らしいところは加藤さんの上ハモの美しさ。特に出だしなんか歌ってるのわかりやすいし。加藤さんが高いキーを歌うと世界が救われる。(小山さんが加藤担TOPなので小山担は加藤さんを褒めるのに長けている)

『Touch』
こちらはニッセンのCMソング。こんなNEWSが見たい、こんな曲が欲しいという要望(もはや欲望)を見事に満たしてくれた。この仕事をNEWSに持ってきた人にカタログギフト贈りたいってくらい感謝してる。切ないシリウスから一転、フワフワパーカーのCMに相応しい甘くてフワフワ♡なキュートなラブソングとなっている。NEWSの仲の良さ、わちゃわちゃ感が映像がなくとも伝わってくる愛らしい一曲。

『NEWSKOOL』
クールでオシャレ、でもどこかキュート!(手越さんだけ若干強引だけど)メンバーの名前とかイメージとかが歌詞に散りばめられている新感覚メンバー紹介ソング。
これライブでやるときミュージカル調でやってほしい〜〜、愛はシンプルなカレーライスのときみたいに!!ミュージカル調のちょっと大袈裟な仕草大好きなんですよ!!もちろん『NEWS!?』『cool!!』みたいにC&Rも入れて欲しい!!

四銃士
金田一少年の事件簿Rのオープニングに起用された曲。原曲はロシアの人が考えたクラッシックで、編曲とか演奏とかは日本のオーケストラのすごい人がやってくれてるらしいよ!(語彙力)
初めて聞いたときは正直アニメのオープニングでクラッシック??と少し心配になったが、放送後に金田一ファンの方が「今までのオープニングの中で一番作品にあっていて好きだ」と仰って下さったのを見てとても嬉しくなった。のびのびとした曲調になっているので、NEWSの美声を堪能する事ができる。

『Wonder』
私はワンダーと聞いたら不思議とか怪しいとか、そういったイメージをしていたが、この曲では好奇心や思案するといった意味合いを強く持っているように感じた。好奇心のままに求めちゃうNEWSってだいぶエロいと思う。
ダンス曲大好き人間だからこの手の曲が本当にたまらない。ガシガシ踊るNEWSを下さい!!

『ライフ』
この曲とQUARTETTO、シリウス、それから加藤さんのソロ曲と、今回のアルバムでは「星」がよく登場する。NEWSで星と言ったら私は星をめざしてを思い浮かべるのだが、せっかくだから「星に導かれて歩いていたあの頃からずいぶん時間が経ち、命の答えを知り少し大人になったけれど、それでも変わらない志をもって星をめざして歩き続ける…」というようなストーリーがあったらいいなと思い勝手にくっつけて解釈している。
小山さんの「闇の中」の歌い方が好きすぎるのでぜひじっくり聞いていただきたい。

『チュムチュム』
現時点でNEWSの、いやジャニーズ1のぶっちぎりNo. 1トンチキソングだと思っている、ここまでくるともうトンチキはNEWSの専売特許になってきたように思える。チカラウタで小山さんも仰っていたけれど初めて聴いた時はチュムチュムってなんだよ。ってなった。インド嫌いじゃないし衣装とかの世界観は色気があって素敵だけれどちょっとぶっ飛び過ぎてるんじゃないの?と感じていたが、聴けば聴くほどハマっていくチュムチュム沼がある。個人的には増田さんの美声が無駄に発揮されている2番が面白くて好き。
アルバムに入ってもこのトンチキによる違和感は拭えないんじゃないかと少し心配していたのだが、拭ったり他の強いもので打ち消すのではなく、上手い具合に調和したな、と感じた。
余談だが、アラーム音をチュムチュムにすると「エイヤエイヤ〜」と流れた瞬間に止めなきゃ!!!という使命感で起きる事ができるので結構オススメ。

『Deperture』
これオープニングにしてNEWS主人公のアニメ作ろうぜ!!ジュニア時代から2010年ツアーくらいまでが1期で、2期はいきなり脱退から始まるっていう(自爆)。いきなりピンチから始まるよくあるパターンのやつですね。スポーツアニメOPのライバル校カット的な感じで亀ちゃんがニヤッと笑い、サビ前で加藤さんが上着を投げ捨てるところまで妄想したんですけどどうでしょうか。
新しい一歩を踏み出す人への前向きで爽やかさ溢れる明るい応援ソング。大サビをコヤシゲが担当しているのも新鮮で素晴らしいと思う。

『ヒカリノシズク』
加藤さん原作加藤さん出演ドラマ「傘をもたない蟻たちは」の主題歌。以前からドラマの主題歌の仕事をグループに持ってきたいと願っていた加藤さんが掴んだ一曲。しかも自分で原作まで書いた。
先ほどのDepartureは明るく引っ張っていってくれるようなイメージだが、こちらはそっと包み込んで背中を押してくれるような曲調で、私はどことなく加藤さんっぽいなと感じてかなり気に入っている。歌番組で初披露された時から感じていたが、これからずっと歌われ続ける曲になって欲しい。


というわけでまずは初回盤収録分についてざっとまとめてみたのだが…密度が高すぎてCD割れるんじゃないの?ってくらい一曲一曲に力が入っていると思う。


また、ソロ曲についても書きたかったのだが、加藤さんの星の王子様だけ深すぎてどう足掻いても他の曲の数十倍の長さになってしまうので別の機会に語りたい。(私は小山担)