自由気ままに

スーパーちょろいオタク

貴方の事が大好きです。

はじめて貴方を見たのは小学生の頃でした。当時流行っていたドラマで貴方はスウェーデン大使の息子の役をしていて、幼い私は金色の髪に日本人離れしたスタイルをもつ貴方のことを王子様を見るような目で見ていたことを覚えています。
お恥ずかしい話ですが、私は貴方のことをずっとハーフだと思い込んでいました。しかも結構最近まで。恐らく、役の設定と現実が混ざってしまいずっとそのように思い込んでいたのだと思います。でも本当に外国の血が混ざっているのだと疑わなかったくらいに貴方は美しかったのです。
その後も様々なドラマで貴方を見てきました。特に印象に残っているのは、弁護士のスパイとして活躍していたあのドラマです。弁護士に雇われているはずなのに時には不法な事もする、ちょっとダークヒーローともとれる所もありましたが、くどくなりすぎなかったのは貴方の持つ爽やかさのおかげだったのではないかと考えています。普段ほとんどドラマを見ない私でしたが、そのドラマは本当に面白くて毎週楽しみにしていました。

貴方の事をアイドルとして見たのはいつだったでしょうか。貴方たちがMCを務めていた音楽番組に、私が応援しているグループを呼んでいただいた時からだと思うのですが、残念ながらあまり鮮明な記憶は残っていません。はっきりと覚えているのは、貴方たちが日本中の様々な所に行ってタメになる旅をするという番組からです。その番組をはじめて見た時、この番組のスタッフはなんて無茶な事をやらせるんだ、と感じましたが、何度か見ていくうちにスタッフがいかに貴方たちの事を考えて、愛してくれているかということを感じて私はその番組が大好きになりました。特にファンクラブに入ったり、他の番組を追っかけたりという事はしなかったのですが、その番組を通じて貴方の事、貴方のグループの事を知る事が出来ました。番組の中から貴方がグループの事を、メンバーの事をどれだけ愛しているかが痛いくらいに伝わってきました。中でも貴方がメンバーの一人を「お兄ちゃんだと思ってる」と言った時には貴方の幸せそうな表情や声がひどく愛おしく感じました。

11月のある日、私は家族と夕飯を食べながらその発表を聞きました。最初は実感が湧かなくて、私より妹の方がショックを受けて泣いていました。きっと私の事ですから、余命宣告をされた時はこんな気分になるのでは、と呑気に考えていた事でしょう。音楽番組でしか貴方の歌やダンスは見た事がありませんでしたが、この美しい声やステップが失われてしまうのは惜しいな、と悲しみによりも先に惜しいという感情が湧きました。

貴方がアイドルでいてくれる「期限」が発表されてから、私は貴方のライブ映像や過去のMVを見ました。見れば見るほど惜しいという気持ちは強くなり、もっと早く貴方の魅力に気づいて、もっと貴方の事を見ておけばよかった、と後悔もしました。少し浮気症かもしれませんが、どうか許してくださいね。

実は今も、貴方がもうアイドルでなくなってしまったという実感があまりありません。何かの形で事実を突きつけられた時に、もしかしたら悲しくなって泣いてしまうかもしれませんね。私より貴方の事が好きな人はたくさんいますし、その人たちの悲しみに比べたら私の気持ちなんて本当にちっぽけものですが、確かに私は貴方の事が好きでしたし、貴方が消えてしまうのは悲しいです。でも、もうアイドルとして私の前で輝いていた王子様ではなくなってしまったけれど、それでも私はこれからも貴方の事が大好きです。最後の最後でしたが、貴方の事を好きになれて本当によかったです。その事に後悔は全くありません。




今までありがとうございました。私の大好きな田口淳之介さん。

5月23日追記
今日、何となくタメ旅を見ました。やっと貴方がもういない事実を理解してしまった気がして泣いてしまいました。2ヶ月もかかったよ、脱退どころか充電期間入っちゃったよ。私はKAT-TUNは好きだけれど今までずっと応援してきたハイフンさん達の思いは私なんかと比べものにならないし比べちゃいけないから、私が流していい涙なんてないと思ってたけどやっぱり泣いてしまいました。多分これから先もふとした瞬間に思い出して悲しくなってると思います、だって私未だに山Pを見て泣きたくなる時があるんだもの。でも、こんなに泣きたくなるのに、貴方達の事ちっとも嫌いになれないのは何でかしらね。