自由気ままに

愛なんて生易しいもんじゃないのよ

初デート記念日

お題「初めて○○のコンサートに行った日」


当時まだコンサートのことデートって大声で叫ぶ子いなかったけどな!!

私が初めてNEWSのコンサートに行ったのは、今からおよそ6年前、2010年の事だった。今のように経済力も無く(今もそんなにない)、少ないお小遣いでうちわを1枚買い初めてのコンサートに挑んだ。ペンライトは借り物だったし今と比べたら決して恵まれたとは言い難い状態だったが、それでも私は幸せで仕方がなかった。

でも、いざ会場に到着すると少しだけ怖くなった。周りの女の子たちはみんな私と違って大人っぽくて可愛くて、私みたいな子供が来ても良いところじゃなかったかもしれない、とほんの少しだけ不安を感じた。
まあしかしそんな不安なんてコンサートが始まるとすぐにどこかへ飛んで行った。
LIVE!LIVE!LIVE!では、四季魂の愛称のとおり、春夏秋冬をテーマにした楽曲、演出がなされる。そのテーマの提示のようにまず「さくらガール」「SUMMER TIME」「紅く燃ゆる太陽」「星をめざして」のアレンジが流れ、モニターにはメンバーのコメントが表示された。もう6年も経つのに、この時の光景と興奮は未だに色褪せずに私の中に残っている。

みんなで踊った恋のABO。爽やかな歌声と迫り来る波の演出に自分でもちょっと引くほど興奮したSUMMER TIME。あまりのかっこよさに声を出すことも忘れたDancin' in the Secret。そして伝説のコヤシゲの言いたいだけ。そうそう、MCで手越さんがポケモンの話をしていたのも記憶に残っている。
山Pのソロでは、ただただ山下智久がこの世に存在している事に感謝した。まさかこんなに人の存在に感謝する日が来るとは思ってもいなかったが、山下智久が実在したという感動と、感謝の気持ちでいっぱいだった。
気球に乗ってメンバーが舞い上がった時は、彼らの放つキラキラに見惚れ私は世界一の幸せ者だ、と確信した。
きっとあの日、あのコンサートを1番楽しんでいたのは私だっただろう。
shareの歌詞にもあるように、この日の思い出の全てが1つ残らず私の宝物になった。それこそここではとても語りつくせない位に。

もう本当に楽しかった!!次の日から、学校へ行っても家に帰ってもNEWSのコンサート行きたい!!と言いずっと過去のDVDを見続けた。


それから、結構公言しているのでご存知の方も多いかと思うがこの時私は山P担だった。ここが私の墓場になるのか、と当時12歳の少女が思うほどには山下智久は美しかった。伊達に人類の奇跡やってない。
初めて買ったうちわを見ると、最初で最後のNEWS山下智久になってしまったな、と胸がちょっとだけギュッと痛くなるけれど、でもそれ以上にあの日の彼らとの時間を思い出してきゅん、とときめく。
私は「ときめく」という言葉がとても好きだ。「大好き」や「幸せ」や「カッコイイ」など、そんな素敵な言葉を全部合わせた感情が「ときめき」だと考えている。

この日のチケットは今でも財布に入れて持ち歩いている。長年持ち歩いているためボロボロだが、これを見ると辛い時だろうと悲しい時だろうと、いつでもあの日のときめきを鮮明に思い出せるからきっとこれからもずっと持ち歩く。
f:id:ykyk41042:20160605215907j:image
2011年や2013年に比べたら「特別」ではないかもしれないけれど、私はこのコンサートがNEWSのコンサートの中で1番大好きだ。これが初めてのコンサートでよかった、とDVDを見るたびにいつも感じている。

以上、私が初めてNEWSコンサートに行った日でした!!